忍者ブログ
機械仕掛けの鴉製作者のブログです。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


システムの複雑化が進む中、その速度に人間が追いつくためには大変な労力と時間、加えて、極めて機敏な集中力が必要とされる。
これまでにその膨大な労力は企業の足枷になってきた。
だが、その複雑さを要約して単純化し、より理解しやすくなるようになれば彼らの集中力は増し、企業の性能向上にもつながるわけである。

いわば単純化、つまりはデフォルメである。
現代の情報処理化社会においてデフォルメはあまりにも必要不可欠な存在であるらしかった。

イラストでも同じである。
写真みたいにリアルな画像を描くのは大変な労力を強いられる為、かなりの時間を要する上、線を滅茶苦茶増やすとかえってリアルになりすぎて気持ち悪いと感じることもある。
労力を費やして絵のイメージがマイナスになってしまうのであれば、それは障害以外の何物でもない。いっそ線を少なくし、デフォルメする事で人間の表情がより簡潔に読者に伝わることになれば、それにこしたことはないのだ。
その人間の特徴を濃くし、他をいらないと判断したなら素直に省く。鼻がでかい人は鼻を強調し、まつげがパッチリした人はまつげを強調する。
皺とかそういう細かいのはよっぽど老けている人でなければ描かなくてもいいのである。
そして簡潔化によって描く時間が短くなる。
時間がうくというのは消費する予定だった時間が短くなるという事で、自分に新たな時間を与えられたことを意味する。
つまり、我々の人生はデフォルメ化によって救われるのである。
デフォルメはもはや一つの文化を超え、神に等しい存在になりつつあった。
今も世界のどこかで「ジークデフォルメ!ジークデフォルメ!」と唱えられているくらいである。

そんなデフォルメ先進国家日本国民である岩崎幹も、国民らしく自分のキャラをデフォルメしてみることにした。


反省会向きかもしれませんね。裏コーナーはこういう方向性で行くことにしようかしら。


あと、前回のリベンジ。
前作は酷い出来になってしまったのを後悔してしまっている。
あのイラストで岩崎に原作レイパーの異名がついたのは言うまでもないことだった。
そのレイパーっぷりは電車に乗り込もうとした途端「チカンノキワミ、アッー!」と叫ばれるくらいなのだから、それはもう凄まじいというしかない。
その後、家の方に「支店を板に吊るしてギリギリ太るカレーセット」お取り寄せされた程である。(元ネタはあえて言わないでおくことにする。バレバレだろうけど。それにしてもアレ系統の動画は中毒性がありすぎだw)

リベンジしてもやっぱり原作レイパーだった。変なもんもってますし。




何か、最近記事のテンションが変な方向に行ってしまう気がする。
やることが多くて焦ってるせいかも知れないです。とりあえず自重します。すいません。
PR

Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[73] [72] [71] [70] [69] [68] [67] [65] [64] [63] [60
«  Back :   HOME   : Next  »
カレンダー
06 2018/07 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
戯言@Twitter

Twitter Updates

    follow me on Twitter
    フリーエリア
    最新TB
    プロフィール
    HN:
    岩崎幹
    性別:
    男性
    趣味:
    ミステリ、絵描き
    バーコード
    ブログ内検索
    忍者ブログ [PR]