忍者ブログ
機械仕掛けの鴉製作者のブログです。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


最近、指が冷たくてキーボードがまともに打てない。
カタカタと指を動かしている最中に、手がコタツに入っているときの感触が蘇ってきたりする。そして数秒後には世の中にこんな天国があったとは……なんて夢心地の気分に浸ってるから自分はダメなんだろうなとつくづく思ったりする。

キャラデザインがどんな風に思いつくのかといわれると、結構惰性です。
最初にその人間の輪郭を決めれば、おのずと描いてるうちに目や鼻や口、髪型など理想的な顔のパーツが後からくっついてくる感じなので。
自分はどっちかというとキャラデザインよりも服装の方に苦戦するタイプですね。
服装のセンスがないので、それが作中のキャラに反映されて終いにはセンスのかけらも感じられない民族衣装が出来上がったりする。
その辺は服飾関係の雑誌を買って勉強しているものの、はたしてこの程度の対策でどこまで通用するのやら……と途方にくれてたり。
ちなみに女物のデザイン本を買う時に「なんで女物買ってるの?」といわれたらいつも姉貴に頼まれて……と言い訳しています。
イラスト描く取材のためだなんて恥ずかしくて言えません。

mituru
新キャラの一人、雑誌記者。ちょっと国枝先生入ってます。
(岩崎的に彼女のイメージはおおよそこんな感じ。あってないと思う方は申し訳ないです)
でも、性格はあんまり似てません(同じ性格だったら記者なんて出きんだろう、多分)。あの人よりは多少軽い感じ。
設定当初はもうちょっと真面目でかたい感じの髪形だったんですが、なんのひねりもないので没に。短くボッサボサにしてしまえということでこんなになりました。

例のゲームは主要メンバーがほとんど20前後の男女なのですが、老人も二人ほどいます。
最初は立ち絵を出さないで行こうと思ったんですが、老人だけ顔を出さないままコミュニケーションをとることにどうしようもない違和感を感じたので、やはり作成することにします。
しかし、やはり難しい……。
若い男女は基本的な顔のパーツが大体出揃ってるので描くのが簡単なんですが、老人はしわとか、皮膚のあちこちに年齢の経過を感じさせるようなデザインを加えなければいけない。
しかもおじいさんはかなりの変人キャラにする予定だから、デザインも相当凝った感じのキワモノにしないといけない。
……ある種の試練ですね。頑張ります。
PR

Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[75] [74] [73] [72] [71] [70] [69] [68] [67] [65] [64
«  Back :   HOME   : Next  »
カレンダー
10 2018/11 12
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
戯言@Twitter

Twitter Updates

    follow me on Twitter
    フリーエリア
    最新TB
    プロフィール
    HN:
    岩崎幹
    性別:
    男性
    趣味:
    ミステリ、絵描き
    バーコード
    ブログ内検索
    忍者ブログ [PR]