忍者ブログ
機械仕掛けの鴉製作者のブログです。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


前々から勉強していたFLASHですが、ギブアップして解説本を購入することにしました。
とにかくユーザーインターフェースの構成が難しくて理解できない。
こんなんで動画なんて作れるんだろうか……? とりあえず、一番評判がよさげなのを注文です。



みなみけ5巻の初回限定版にアニメ二期のDVD1巻がつくらしい(情報元はありえねいてっど

確かにみなみけ2期は脚本が悪いですからねぇ。
1期のほのぼの感がなくなっている上、ギャグは微妙だし、キャラの改悪までされてる。
あまりに批判が集中して可哀想なので、よし褒めてやろうと思ってもどこを褒めればいいのかわからないくらいだから困ったもんです。
作画はいいんだから、原作を使って1期のほのぼの感を取り戻しさえすれば面白くなると思うんだけどなぁ。
とりあえず20分を使って一つの話をつなげようとするから悪いんだと思う。1期のように分割払いでほのぼのオチを小出しにすれば、少しずつでもみなみけ味が取り戻せると思う。
あとほさか分が足りない。もっと気持ち悪くするんだアスリードww

追記・なんて思っていたらおかわりの8話は本当に面白かった。吃驚した。
あの場所に保坂を出すのは原作にもなかったところだけど、出し方にセンスが光ってますね。いやあ気持ち悪かった(褒め言葉)



絵描いててわかったこと

ためになることが色々書かれている。
岩崎も一応絵描きを名乗っている以上(多分、名乗ってた気がする)、こういう意見を参考にして伸ばすところを伸ばさなければ永遠に蟻地獄から這い上がれない気がする。重要だと思ったのをピックアップ。

>友人のしてくれる評価は世間一般の約10倍の過大評価
100倍かもしれません。一般人は大抵絵がかけない人が多いので、その分絵が書ける人を高く評価しがちです。
上手いとは言っても、その人が評価しているのは絵の質ではなく「絵が描けること自体」でしょうからあまりあてになりません。
本当に上達しようと思っているのなら漫画家やプロ級の絵描きと比較してもらわないと自分の今の正確な位置がわからないでしょうね。

>自惚れから脱してこそ絵は上達する。
逆に言えば、自惚れている人の絵は上手くない。これが案外当てはまったりする。

>描きたいものをしっかりとイメージした後に書き始めないと出来た時とてもカオス。
仰るとおりです。

>それでもやっぱり自分の絵が好き。
好きという範囲を超えて自分の分身みたいなもんです。描けば描くほど毎日姿を変えて成長していく絵の姿。
あの時はハイハイしかできなかったのに今はこんなに成長して……って感じ。心底親馬鹿だなぁ……。

>肯定的なレスを貰えると嬉しい。
確かに嬉しい。厳しい評価もいいけど、純粋に上手いといってくれるとやる気が出ます。
そしてそれが原動力になる。ガソリンみたいなもんです。ないと動けなくなるとまでは言わないけど。

>パースは勢いがすべて。
そして妄想力が必要。絵の大雑把な構成を一番最初の段階で組み立てられればそれだけ楽なものはない。
失敗したら巻き戻して一からやり直しになるケースも多々あり。

>あぐらで絵を描くと腰を痛める。
すいません、あぐらで描いてました。確かに椅子に座っていた方が描きやすいかも。
でも今のデスクトップが机に上手く乗っかってくれる大きさじゃないのでつらい。
やはりノートPCを買うべきか……?

>所詮自分が頑張らないと上手くなんてならないこと。
絵の才能はそれを操る自分次第。

>デッサンや技巧的なとこだけで人に勝とうと思って絵を描くと、上手い人はいくらでもいるので絶望感を感じる。
毎日感じてます。未だに腐らないのは岩崎の鈍さに救われてるからです。

>絵を描くのにもけっこう頭を使うということ。
「今日はどんなポーズがいいのかなぁ?これか?いややっぱこれだよなぁ……」
等といいながらデッサン人形をぐりぐり動かす僕。阿呆だ。

>忙しい時ほど描きたくなり、暇になると意欲が失せる。
仕事中は描きたくてたまらない。なのに暇になるとSAIを起動したまま別の作業をするなんてしょっちゅう。

>辛いけど巧く描けるようになりたいって気持ちが根本にあるなら続ければいいと思う。
RPGのlv上げみたいなもんですね。
プレイヤーはレベルアップを図ろうと自分の見えない場所に潜むはぐれメタルを探し回ってるんです。
岩崎はメタルスライムくらいは倒したことがあります(えー)。

>他人から「ヘタクソ」と言われても描き続けること。
むしろ下手糞と言って欲しいかも。批判されて過剰に反応するタイプだから、多分。
でも文章の方は逆。下手糞だといわれたら本当に宇宙の果てまで落ち込んでしまう。事実だし。

>自分の絵を見過ぎ、ナルシストだなーと思う。
むしろナルシストでないと絵描きなんてやってられない気がする。

>慣れれば慣れるほど技量の壁が見えてくる現実。
そういうもんですね。

>結局さ、上手いとか下手とか、良いとか悪いとか、みる人それぞれだと思う。
複数の見方があるとわかっていても、自分の位置が客観的にどれくらいなのか知りたくなる。それが絵描きの本音だから。
PR

Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[81] [78] [77] [76] [75] [74] [73] [72] [71] [70] [69
«  Back :   HOME   : Next  »
カレンダー
09 2017/10 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
戯言@Twitter

Twitter Updates

    follow me on Twitter
    フリーエリア
    最新TB
    プロフィール
    HN:
    岩崎幹
    性別:
    男性
    趣味:
    ミステリ、絵描き
    バーコード
    ブログ内検索
    忍者ブログ [PR]