忍者ブログ
機械仕掛けの鴉製作者のブログです。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


息が詰まってきました。
夏に完成させるって言ってたのに、こんなんで追いつくんだろうか……?
とりあえずあと一ヶ月、今は背景描いてます。ほぼトレースに近いですが、それでも厳しい感じです。
何より、災害で壊れた建物を描くのがここまで難しく手間がかかる作業だったとは……。廃墟は好きだけど、描く方になると途端に嫌いになりそうです。

それにしても暑くてかなわんです。
最近は氷晶ペットボトルの飲み物が美味しいので頻繁に飲んでますが、溶けるまで時間がかかるのが難点。シャカシャカ振っても本当に少しずつしか溶けてもらえませんからね。むしろ思いっきり振ってるせいで、体中がムワッと熱くなって汗が大量発生するという逆効果。
とりあえず暑中見舞い絵ということで、今年も彼女にご足労願いました。
hyou
PR

スカイ・クロラよりカンナミと草薙。

sky

感想を文章で書くよりも絵にした方が何だかすっきりするんじゃないかという内容だったので、とりあえず絵で示してみました。
やっぱり乗り物を書くのは苦手です。
ミステリではないので採点はしませんが、純粋に世界観が好きな話ですね。
映画楽しみです。

読み終わって気になったのは、草薙瑞季が草薙と栗田の間に生まれた子供なのかなということ。
まあ、この一冊だけでは材料が少なすぎるので何とも言えませんが。


背景を描く時はまず視聴者の目線(アイライン)と言うものを設定し、その直線上に基準になる“点”を置きます。
アイラインが斜めに設定されてるのは、そうしたほうが迫力が出るんじゃないかと思ったからです。慣れてない方は水平に線を引くことをお薦めします。
その基準線から何本か線を引き、境目には垂直な線と水平な線を記述します。区別がつきやすいように縦と横と基準線はそれぞれレイヤーに分けて別の色で描画しています。


この線を基準にし、これから描くであろうキャラの絵と背景を大体の要領で下書きします。
設定したアイラインをキャラクタの目線にあわせると、そのキャラと自分自身(視聴者)が同じ目線に立っていると思えます。キャラクタと目線を合わせたいならこの方法を薦めます。
(ちなみに岩崎は、キャラクタの顔だけ描いてその次に基準線を描画してく方法でやっています。まずはじめにキャラありきなので)

endo
この下書きを元にして主線を引き、色を塗って画像のサイズを整えます。
とりあえずの完成図、過程は大幅省略です。(気になる人とかいます?)
今回は基準点が画像内にあったので比較的楽な絵だったと思います。
大抵の場合、基準点は色んな場所に散らばってて整えるのが難しいですから。


ちなみに、これの他に二点透視図法や三点透視図法等がありますが、お薦めしません。
これらの基準点は、相当遠くまで離れた位置に存在するのですから。
これを普通のペイントソフトでやろうと思えば、画像をかなり大きな解像度にまで広げる必要が出てくるので、PCに高度なスペックを必要とします。SAIでも多分難しいでしょう。
ドローソフトなら或いは可能かもしれませんが、遠く離れた基準点まで追って線をいちいち書き込んでるとかかる手間暇が段違いになるので、使いやすい一点透視図法を基本として背景を描くのを薦めます。

もし興味があるのなら、以下の講座を参考にしてみてください。


メッセで描いてみたものシリーズ。
らき☆すたよりかがみん。

kagami

オプションでスライムつけてみた。

オフ会で最初にリクエストがあったイラストですが、線を整えて簡単に着色してここにおいときますね。
fateのセイバーです。鎧の模様描くの途中で面倒くさくなって投げてしまいました(爆)。

seiba

後ろでぐるぐる巻いている髪形、どんな風にセットしてるんだろう。
中世の時代に流行っていた髪形なんだろうか? それともイラストレーターのお遊び?

昔はfate反対派だったんですが、最近は中立になってます。
というより、色んなジャンルに対して寛容になってきた感じです。
こういう細かいところがご都合主義だとか、文章がおかしいだとか、そういう疑問点よりも素直に物語を楽しむことに重点を置いて読む姿勢になってます。

多分、創る側の気持ちになって考えることが多くなったからかもしれません。
作る側に立って始めて物語を創造する困難さを実感しましたからね。
プレイする側の人間としては、それを素直に傍受して受け入れ、彼らに対する最大限の敬意を払うべきなんでしょう。
(あ、でもバーサーカーを一回斬りで七回殺したのは今でも納得いかないけど)

以下・コメント返信
>東方不敗マスター双城さん
>いきなり凄いのがw
あれの元ネタはOVA版ジャイアントロボep4「豪傑達の黄昏」のパッケージです。
(↓見難いかもですが、これです)

腕を組んでる戴宗さんと東方不敗のイメージが重なったので、あれに置き換えるとカッコいいだろうなと思い、描きましたw
>TYPE-MOONのセイバー(岩崎さん風アレンジヴァージョン)
今回の記事に飾ってますんでよかったらご覧くださいな。
>何の気遣いも出来ずにこちらこそすみませんでした。
いえいえ、気を使われると妙に申し訳ない感じになるので、ばれなくて返ってよかったです。
あ、もし万が一移してしまったら申し訳ないです(爆)
>マックの店員さんに怒られるかどうかを心配しての「ざわ…」
その発想はなかった。まあ、ただの演出ということで(笑)
>「機動武闘伝Gガンダム」
指摘ありがとうございます。直しておきました。
それにしても、今川監督ファンとしたことが何たる失態、申し訳ないです。
>ゲームとかゲームとかゲームとか
あー(滝汗)、頑張ります。語彙の引き出しに一生懸命色々詰め込みながら。

>大友達彦さん
>岩崎さんは女性の方ではなかったんですね(汗
おおっ、何故か女性だと思われていたとは。こっちが予想外でした。
以前から男性っぽいことをほのめかしていたし、エイプリルのエロネタとか、女性だと使いにくいネタだと思ってたんですがね。
あと、絵柄も特に男性風女性風を意識してるわけじゃないし。
>わくわくしながら楽しみに待っています
どうもありがとうございます。ちょっとパロりすぎなんじゃないかという批判がなくてホッとしてました。

[1] [2] [3] [4] [5] [6
«  Back :   HOME   : Next  »
カレンダー
07 2019/08 09
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
戯言@Twitter

Twitter Updates

    follow me on Twitter
    フリーエリア
    最新TB
    プロフィール
    HN:
    岩崎幹
    性別:
    男性
    趣味:
    ミステリ、絵描き
    バーコード
    ブログ内検索
    忍者ブログ [PR]